加湿器のすべて

加湿器の性能について

加湿器はどれを使っても同じだと決め付けていないでしょうか。
加湿器というものは性能ごとに4つに大別でき、
個々に独特な加湿方法を持っています。
一つ目に、一般的な加湿器と位置づけられるのが加熱タイプの加湿器です。

 

熱い水蒸気を放出する種類で、時間をかけずに加湿することができる特性を持っています。
水を加えるだけで加湿が行えますし、

 

熱くなった蒸気が発せられることで部屋の寒さも軽減できるという強みを持っています。
ただ、電気料金が高くなるのと蒸気の吹き出し部分が熱くなっているため、
小さなお子さんがいる家庭では注意しなければならないことが難点と言えます。
他にも、水垢の掃除が面倒なことも問題の一つです。

 

気化式タイプの加湿器は、熱を発しないので幼児がいても問題無く使用できますし、
電力をさほど使わないのが利点と言えます。
長い間運転させたい人にうってつけのタイプです。
水分を備えたフィルターに対し送風をすることによって室内の湿度が上がりますが、
パワーが弱く即効性がないのが弱点です。

 

加熱式と気化式のマイナスポイントを補強した商品が加熱気化式になっている加湿器です。
ハイブリット式と呼ばれるもので、普段は気化式で水分がついたフィルターに送風し、
湿度を高くしたい場合に温風を送るシステムです。
即座に加湿することも可能である上に、節電にもなるため、このタイプが増えてきています。

 

超音波タイプの加湿器もかなりの人から利用されています。
このタイプはデザインが優れた加湿器に見られる傾向で、
水を微粒子に変えてファンで吹き飛ばす方法をとります。
大きくなくデザイン性に優れているものがたくさんあり、
電気代が安く済むにもかかわらず強力に加湿することが可能なところがポイントで、
常に清潔に保たなければならない点が弱点になります。

 

加湿器の性能

近頃の加湿器には、元々ある加湿機能に加えていろいろな機能が付加されています。
室内の空気を清浄する機能の他にもさらに役立つ機能があれこれと付随しているのです。
話題を集めているのは、空気清浄機能を持ち合わせているもので、
1台で2通りの役割を果たす加湿器と言うことができます。

 

今までなら、室内をきれいな空気のままにしておきたいときは、
空気清浄機と加湿器の2つを用意しなければいけませんでした。

 

どれほどいいものだとしても、数種類の機械が部屋にあるのを煩わしいと思う人もいるでしょう。
そうした人たちから他の機能も同時に使える加湿器が高く評価されているのです。
この頃売れている加湿器は、イオンを放出する力が備わっている類の型です。
「プラズマクラスターイオン搭載」と表現すれば、一般的には理解されているでしょうか。
出たイオンが、空気中に浮遊するウイルスや細菌に働きかけてなくしてくれるというものです。

 

こういった加湿器が売り出されてから、
医療機関など数多くの人が訪れるところにセットされるようになり、よく目にするようになりました。
多数の種類が発売されている加湿器ですが、使いやすさに関しても研究されています。

 

加湿器は長い間利用することがあるので、睡眠中に音が邪魔にならないような静音タイプが売れています。
運転モードによって音の大きさも違って、用途によってモードを決めることができます。
自分の近くなどの狭い場所で利用しやすい、タンクとしてペットボトルを用いる加湿器も売られています。
たやすく動かすことができますし、あらゆる場所に置くことができるためよく売れています。
入りタイマーは、起きぬけに湿度を高めておきたい人に支持されています。

 

加湿器の選び方

空気清浄機能などが備わっている加湿器ではなく、
加湿機能のみに絞り込むと、冬のシーズンだけ利用する人が多くを占めているでしょう。
限られた期間のみ使う加湿器を貸し出してもらっている人が見受けられます。

 

加湿器の欠点でよく挙がるのがメンテナンスと結び付きのあることで、
買ったばかりのように汚れていない状態を容易に保てないということです。

 

水を使い湿度を高める場合に煩わしいのが、
水の中のミネラル成分が凝固して除去しにくくなることで、トラブルに発展することもあります。

 

次第にフィルターも汚れてきますし、洗うのが無理なタイプであると買い替えを余儀なくされてしまい、
必要以上にコストが発生します。

 

こうしたことを鑑みると、
乾燥の目立つシーズンだけ貸し出してもらい毎年良好な状態の加湿器を
導入するのはうまいやり方と言えます。

 

レンタルの長所というと、いろいろなタイプの加湿器を利用可能なこと、
常にメンテナンスが行き届いたものを貸してもらえるということです。
借りてから返却するまでは、お手入れを自分でしなくてはいけませんが、
レンタル開始の時期はきれいなままで利用することが可能なのです。

 

最新式の加湿器を使ってみることが可能ですから、
いくつか体験した後に気に入ったものを購入する人も珍しくないということです。
メンテナンスのことを考慮すると、細かいところまで掃除できるような形がいいですし、

 

タンクの構造にも着目するべきです。
タンクは楽に取り外せて、持ち運ぶことが可能なものが望ましいですし、
タンクの内側は洗浄可能なのかどうかも大事な点です。
水を入れると共に水が床に落ちてしまうようなタンクは、その都度ストレスを感じることになるため、
チェック漏れがないようにする必要があります。
月1000円〜で使うことができるでしょう。

 

超音波加湿器とは?

超音波加湿器に該当するのは、
超音波を駆使して分解された水をファンで生じた風で送るといった仕組みです。
霧吹きによって加湿するのと同じようなもので、
加湿効果とデザインが優れていることが多くの支持を集めています。

 

持ち運びが容易にできるものが揃っており、
ペットボトルをタンクとして用いることができるなど、扱いやすいのが良いところです。
電力を食いにくいことも人気がある理由に入ります。

 

さらにシガーソケットやUSBから電力を取れる加湿器も販売されており、
仕事中や運転中にも気楽に加湿が実現します。
超音波加湿器の大部分は手頃な値段で手に入り、1000円以下のものもたくさんあり、
インテリアとしていくつか導入している人もたくさんいます。

 

超音波加湿器から出るミストは熱くないので、
小さい子どもがいたとしてもやけどすることはないため安全面は問題ありません。
ただ、水の管理を行わないと、部屋へと菌を放出してしまうかもしれないという弱点もあります。
きれいでない状態で加湿をし続けて、
体に悪影響が及ぼされることもあるので水の管理は必要です。

 

この他、水道水に備わるミネラル成分も取り除かれずに室内に撒き散らされるため、
置いてある電気機器や床が白っぽくなることがあります。
近頃の超音波加湿器は、
カビや細菌の勢力が拡大するのを銀イオンカートリッジで抑えてくれる型もあります。

 

水に含有するミネラル成分のことも、ミネラルフィルターが取り付けられたものを取り入れれば、
それほど気になりません。

 

安価でデザイン性に秀でた超音波加湿器を有効活用して、日ごろから乾燥には注意を払っていましょう。

 

気化式加湿器とは?

気化式加湿器とは、それほど危険でない加湿器という具合に認識されています。
熱の力で蒸気を生み出すやり方ではなく、
フィルターに水を浸透させてそこに風を吹きかけることによって水分を部屋に広げる仕組みです。

 

熱さがないため小さな子どもを抱える家庭だとしても心配せずに利用できますが、
それほど加湿はできません。

 

多少は加湿することはできますが、
これとは別の種類の加湿器と比べて加湿できているかがわかりにくいという意見があったりします。
最も強くパワーを設定してギリギリ効き目を確認できるほどと思っておいたほうがいいかもしれません。
広くない部屋や隙間が全くない部屋などにもってこいの種類です。

 

超音波式加湿器と見比べてみて、水にはびこる菌やミネラル成分を室内に飛ばす恐れは少なく、
気兼ねなく取り入れられる加湿器です。
けれども、送風するフィルターが不潔になっていると、
部屋の中に汚れが飛び散ってしまうためフィルターの管理を疎かにしてはいけません。

 

フィルターに発生する費用が高いメーカーがあることや、
フィルターの汚れ落としが楽ではないことがマイナスポイントと言えますが、
そういう点を克服すればもう問題となることはないでしょう。

 

フィルターとタンクの両方をきれいにできていれば、安全に活用できるものです。
フィルターをくぐることで、
部屋に存在するホコリや花粉などを一定の範囲でなくしてくれるというのが関心を集めています。
気化式タイプの加湿器は空気を清浄する効果もあると考える人が多く、
春に差し掛かると花粉症を引き起こす人から選ばれています。

 

ちなみに、音の話ですが、
気化式加湿器はこれ以外のものと違い加湿時のボリュームが少々際立つと指摘されています。
加湿効果を高くしようと強運点で動かすと、音も比例してしまうというマイナスポイントがあります。
音を意識してしまう人は、静音タイプの種類を見つけましょう。

 

アロマ加湿器とは?

アロマ加湿器はデザイン性に秀でているものが少なくなく、
女性が好む製品と言えます。

 

アロマ加湿器には、気化式や加熱式、またハイブリット式や
超音波式といった感じで複数のタイプが存在し、
利用する人の希望に合わせてセレクトされているようです。

 

アロマを愛している女性に適したオシャレなデザインのものが多いのが特徴的で、
女性を対象に美顔機能が付いているものも取り扱われています。

 

ハイブリッド式もしくは超音波式の加湿器が主流で、
大勢の女性が支持をしていますが、
問題点がないわけではありません。

 

アロマ加湿器だけでなく、あらゆる加湿器に当てはまるマイナス面で、
メンテナンスに関する問題です。
アロマの心地良い香りを楽しむために買ってきたにもかかわらず、
妙な臭いがしてしまうケースがあるようです。
ずっと洗濯物を干したままにした際に実感する臭いが放出されるケースがあるというのです。

 

アロマオイルを使っても思ったような効果を感じない加湿器もあり、
こまめにメンテナンスを行わないと効果が得られなくなるものもあります。
アロマの香りで癒されたい人は、
頻繁にタンク内やタンク周辺をきれいにすることが必須となります。

 

他にも、指示された通りのアロマオイルの分量では、
満足感が得られるだけのアロマの香りが感じられないケースもあります。
加湿器を買うに際して、実際に商品を見ないで通販などで取り寄せるなら、
機能について見ておくことも必要ですが、
サイズについても見落とさないようにしましょう。
大部分のアロマ加湿器はデザイン性に優れているため、
画面のみ確かめるとかわいく見えたりコンパクトに見えたりする傾向があります。

 

ところが、実物は想像以上にビッグサイズの場合がよくあり、
開けてみてから残念に思う人も大勢いるようです。
どれくらい大きいかの確認を見逃さずに行なってから購入に踏み切りましょう。

 

加湿器を買う前の注意点

加湿器を買う前には、加湿器に備わる能力をきちんと知ることが欠かせません。
1台の加湿器を移動させてそれぞれの部屋で使用することを頭に入れて、
中でも一番大きな規模の部屋に即して買うことが望ましいでしょう。

 

加湿の能力のことですが、1時間につき300ml水蒸気を生み出すことができるようなら
だいたい6畳分の規模で使用可能となります。

 

大体1時間に700ml水蒸気を出すことができれば、
結構な広さの部屋だとしてもきちんと加湿できると考えられます。
加湿器がどれくらいの範囲で有効かというのは、
家の素材がコンクリートか木造かでも差があります。
木造は湿気を逃しやすい構造なので、適用床面積が控え目の数値で表されます。
適した湿度を保つためには、適用床面積の大きなものを使うのが良いでしょう。

 

また連続加湿時間では、眠っている時間分をカバーできることが望まれます。
加湿機能とタンクに詰めることができる水の量で連続して使える時間は決定するので、
しっかりチェックしておきましょう。
タンクは大きいほど加湿器が大きくなってしまいますし、
小型なほど繰り返し水を詰めなくてはいけないため、使い方によって決めましょう。

 

加湿器の弱点とも言える運転音ですが、目に余るほどのボリュームのものはそれほど多くありませんが、
強運転で使うと耳障りなほどうるさいものがあります。
商品情報を確認するのも大切ですし、
極力その商品を導入している人からの情報を収集するようにしましょう。
また、消費電力のチェックも忘れないようにしましょう。

 

加湿器を終日使うことを予想すると、
電力をあまり使わないほうがいいのですがきちんと加湿できなければ意味がありません。
加湿能力に秀でていて、省エネ効果が抜群なものを見つけ出しましょう。

 

メーカーによる違い

加湿器は多くのメーカーが製造・販売しているのですが、そのメーカーによって方式が違います。
メーカーによって得意とするところがあるため、加湿器を選択する際に調べておくと良いでしょう。

 

新しいタイプの加湿器は、メイン機能が加湿から空気清浄機能に変わってきています。
空気清浄機能付きの加湿器といった名称のほうが、
たくさんの人に認知されているかもしれません。

 

今どきのヒット商品といえば、
シャープが出した「プラズマクラスター空気清浄機能付き加湿器」です。
加湿機能は確かで、
プラズマクラスター機能が作動して部屋の中のウイルスや菌などを取り除いてくれます。
タンクのサイズも満足できるものであり、清掃が簡単なのも魅力で、
広めの部屋でもしっかりカバーできます。

 

1日24時間使用しても発生する電気代は5.1円と、節約面でもよくできた家電なのです。
4個のセンサーが搭載されていて、温度・湿度・ニオイ・ホコリの有無を診断し、
部屋にベストな稼働の仕方をするのです。

 

最大21畳の広さで効果を発揮し、
加湿と空気清浄のいずれの効果も稼働をスタートしてから約8分で完了してしまいます。
大型の加湿器に分類されますが、スムーズに動かせるようにキャスターが付属していますし、
タンクの取り扱いも簡単にできるように作られています。

 

とても人気のある加湿器ですが、
一点だけ弱点を挙げるとタンクの中に水が入れるのが厄介だということです。
タンクが深めの構造なので、シンクで入れるのが難しいといった使用者から不満の声も出ています。
この他では目立ったマイナス面がなく、
タンクの口が広いことで手を用いて十分に洗浄が行えることも良い意味で受け取られています。
新機能が加わるたびに加湿器は発展しているので、こまめなチェックが必要です。

 

メーカーによる違い2

加湿器には多数の種類が出ていますが、各社で個々に差異があります。
空気清浄機能に力を入れているのはシャープから出ている加湿器になります。

 

テレビなどによって世間に浸透している「プラズマクラスター機能」が装備されている加湿器で、
ウイルスや雑菌をなくす性能が大変高い点が特質と言えます。
汚れを取るのが難しいと言われているタンクも掃除がしやすい形状になっている人気のある種類です。

 

「ピコイオン」や「ナノイー」で有名なのが東芝から出ている加湿器になります。
ハイブリット式とスチームファン式になっていて、菌やウイルス、臭い、
それにアレルギーなどを退ける働きなどで評価は上々です。

 

象印が取り扱う加湿器も好評を博しています。
象印というと湯沸かしポットが有名ですが、
ちょっと見ただけではポットだと認識してしまうようなデザインの加湿器を世に出しています。
ポットと大差ない構造になっていて、沸騰させた湯の蒸気の力で加湿する種類になります。
内部の手入れの手軽さが人気を得ています。

 

「ウイルスウォッシャー機能」が特徴の三洋電機が世に送り出した加湿器も人気商品の1つです。
電解水を水道水から生み出してミスト場にして発生させるもので、
加湿機能と除湿機能が共に高い水準にあると好評を得ています。

 

ビーバーエアコンのメーカーということで認知されている三菱重工から出ている加湿器は、
スチームファン蒸発式です。

 

どんな場所でも置きやすい立方体の構造と、確認しやすいデジタル表示が人気の加湿器です。
スチーム式でネックと考えられていた蒸気が噴出するところを事故が起きないように改良したり、
厄介なフィルター交換をする必要がないのが三菱重機が開発した加湿器です。

 

ディスク気化式のものだけに限らず、
気化式やスチームファン式についても良質な加湿器を誕生させています。
それぞれのメーカーで重視している機能が一緒ではないため、自分に合ったタイプを選びましょう。